熱い塾講師ほど注意!

塾講師として働く際、気をつけておきたいのは言葉遣いです。塾の雰囲気を損なうだけではなく、講師同士の仲も悪くなる可能性があります。今回はそんな塾講師が絶対に言ってはいけない言葉についてご紹介いたします。塾で熱く指導を行っていると、時として発してはいけない言葉も中にはあるでしょう。普段友人たちとの会話では「バカじゃない」というのが良い例です。感情的になり発してしまう言葉の一つですが、間違っても生徒にはそんなことをいってはいけません。

仮に覚えが悪い子だとしても、教える立場としての心構えを持って、言葉遣いに気をつけましょう。万が一「君は勉強が出来ないね」なんていってしまうと、それこそ一大事。SNSなどが普及している今、問題となる言葉をいってからでは遅いです。一人の生徒に発した言葉であっても、翌日には塾内全員に知れ渡る、それくらいのスピード感は覚悟しておくようにしましょう。

言葉はその人の性格を示す、物差しのようなものです。いくら良い授業が行える人物だとしても、塾講師として失格と思われるような言動・行動を見せてはいけません。あくまで勉強を教える立場である以上、大人として最低限のマナーを守るようにしましょう。そのほかにも塾講師として発してはいけない言葉、というのが多数あります。今回はいくつかをピックアップしてご紹介しますので、現役塾講師のかたやこれから講師を目指したいというかたは参考にしてください。

○塾講師関連サイト
塾講師 バイト・・・塾講師のバイトをしたい方は質問集、面接対策が描かれているサイトで見ていて損はないと思います。